読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドクターの妻 必然的に専業主婦になりました

結構、地味に暮らしてます。これからの人生の楽しみ方を模索中

応急処置 冷凍ご飯でアイシング

久しぶりにバレーボール。
若い頃のように、反射的に体は動いてはくれませんが、
1試合目を勝利し、2試合目に突入。
相手のサーブになり、前かがみになって構えた時、
”バチッ!”
左足のふくらはぎの少し下で、何かがはじけました。
その瞬間は、痛みは感じなかったのですが、体がグラグラ揺れて、
前のめりになっていく感覚が。
こけてはいないのですが、体が傾いているような気がして、
真っ直ぐに立とうとふんばると、痛みが襲ってきました~(>_<)
コートを出て、氷で、アイシング。
体重がかかるとかなり痛いけれど、じっとしていると、さほど痛みません。
びっこをひきながらも、何とか歩く事もできます。
歩けるくらいだから、軽い肉離れかなと思い、最後まで応援して、
元気な右足で運転して家に帰りました。

家に帰って、ネットで、肉離れについて調べると、
応急処置はRICE処置をと書いてあります。

RICE処置とは、●R:Rest=安静 ●I:Icing=アイシング ●Compression=圧迫・固定 ●E:Elevation(挙上) の4つの頭文字をとった呼び名です。


応急処置をちゃんとすると2~3日で治まってくるとあったので、
とにかく冷やそうと冷凍庫を見るも、保冷剤がない(-_-メ)
製氷室にも氷がない(-_-メ)
代わりになるもの・・・・
これしかない!!

f:id:COLORFUL:20170516163835j:plain

冷凍ごは~~~~ん!!
背に腹は代えられません。
口に入れるものですが、ラップもしてるしと、足へ。
大雑把な性格が、功を奏しました。
いい感じに湾曲してます。
ふくらはぎに丁度フィット。
包帯を巻いて固定しました。
これこそ真の応急処置だ~と思っているところへ、旦那と子供が帰宅。
大笑いされましたが、新たに冷凍庫へ入れた保冷剤が凍るまで、
冷凍ご飯が患部をアイシングしてくれました(#^^#)
そして、旦那に患部をテーピングで固定してもらい、寝る時は、
足をソファーにのせて高くしました。
怪我をした後、家に帰るまで、少し歩いてしまったのですが、
RICE処置のお陰でしょうか、夜中も痛みで目が覚めることは
ありませんでした。
朝、痛みもひどくなってなかったので、安心したのですが、
家事をしているとついつい足を着いてしまったり、痛い方の足を
かばっていると、反対の足に負担がかかって、痛くなってきました。
立っている時の支えや、外出時の歩行に松葉杖を借りようと
近くの病院へ行ってみたところ、
”アキレス腱、切れてるね。断裂。手術やね。”

思ったより、重症でした😢


color-ful.hatenablog.com




★毎日のお買物をネットで注文★便利な生協の宅配サービス!

毎週約1,800品目掲載のカタログから、食品や雑貨をご自宅で

ゆっくりお選びいただけます。ご注文後は、ご自宅までお届けします。

まずは気軽に資料請求