読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドクターの妻 必然的に専業主婦になりました

結構、地味に暮らしてます。これからの人生の楽しみ方を模索中

家庭訪問 先生に出す飲み物

毎年、小学校の家庭訪問が終わると、ほっとします。
ある程度、歳を重ねた女の先生が来るとなると、細かい所をチェックされそうで、
なんだか怖いのですが、今年は、先生になってまだ数年の若い先生。
気分的にも、掃除の方も、少し楽( *´艸`)
うちの一番上の子と、歳が一つしか違わないので、子供を見てるようで、
頑張れぇ〜と思ってしまいました。
先生の方からすると、親と同じくらいの年齢の人間に、先生として
話さないといけないので、緊張するでしょうね😊
家の掃除が行き届いてるかなど、気にしてる余裕はないと思います。

上の子達3人が、小学校の頃、先生に麦茶を入れて出していましたが、
先生は、ほぼ飲みません。
飲んでも、口をつけましたという仕草程度。
なので、お茶を出すのは、3年でやめました。
コーヒーは、飲んでいくよという話や、
ケーキを出したら、残さず食べていったという話もあるのですが、
気を使われるのも嫌なので、
うちは  ↓ ↓

f:id:COLORFUL:20170502165715j:plain

先生が、来る前にテーブルの上に置いておき、挨拶が終わって座ったら、
”先生、何かお入れしましょうか?”
て、聞きます。すると、
”いえいえ、もう結構です(*^^*)”
と、いわれるので、
”そうですか(*‘∀‘)”
てな具合です。
飲まないのに準備したり、飲まなかったコップを洗って次の先生用に用意したりと
面倒でしたが、これだと一応先生の為に用意しました感も
出せますし、飲まなくても後は、家族が飲めるので、いいアイデアだと思うんです。
中学校の男の先生が、1度だけ、
”じゃぁ、オロナミンCいただこうかなぁ”って、
ビンのまま、美味しそうに飲んで行ったことはありました。
なので、男の先生の時は、お茶とコーヒー、そしてオロナミンCや、チオビタ
リポビタン系を1本入れて置いておくようにしてます。