読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドクターの妻 必然的に専業主婦になりました

結構、地味に暮らしてます。これからの人生の楽しみ方を模索中

飛行機に乗るって、わからないことだらけ(チケット編)

50年近く生きていますが、初めての経験に、四苦八苦してしまいました。
今回の初めては、旦那なしで、飛行機に乗るという事。
留学する子供を見送る為、末っ子も連れて、関空から羽田まで飛行機に乗り、
見送った後、その日の最終便で戻ってくるという、難易度の高いミッション。
飛行機には、ほんの数回乗ったことがありますが、いつも旦那任せで、
後をついて行ったことしかありません・・・(>_<)

留学する子供は、自分が望んで行く訳ですが、
出国する日が近づくにつれ、荷物に不備はないか、
言葉が通じない中で、ちゃんとやっていけるのかと、
緊張と不安でいっぱいになっています。
仕事で行けない旦那と、テンションだだ下がりの子供に代わり、
自分が、羽田の搭乗口までちゃんと子供を送り届けなければ!と、
気持ちだけは、はやるのですが、なんせ初体験。
飛行機に乗るって、どうすりゃいいの~って、パニック寸前です(^_^;)
専業主婦で、家に居座っている私にとっては、この見送りは、まさに大冒険です!


自分で、チケットを取るのも初めてです。
この私でも、最近は、格安航空会社があることは知ってました。
どの飛行機に乗ろうかと、いろんな航空会社のHPを見たり、
ネット検索したりで、一日かかってわかったことは、
関空⇔羽田を飛んでいるのは、
JAL、ANA、スターフライヤーのみ、ということ。
どの航空会社も運航してるわけではないんですね。
いや~、一つのことを知るのに、時間がかかります(^_^;)

一度乗ってみたいと思っていたスターフライヤーに決め、
ネットで、チケットをとることにチャレンジ。
チケットは、数か月前に取ったので、空きも多く、
いい時間帯の飛行機と好きな場所の座席も選べました。
行きも帰りも、翼の横を避けた景色が見やすい窓側を末っ子の席にして、
並んで席をとることにも成功。
最後に、QRコードのついた、eチケットとやらを印刷して、
空港に持って来て下さいとなっているのですが、
これが航空券という事のようで、今どきはこんなものなのかと、
少々、ビックリいたしました。

f:id:COLORFUL:20170320182009j:plain

ネットで、チケットをとるのは、意外と簡単なんですが、
対人じゃないのが、やっぱり不安。
”ちゃんとチケットとれてますよ”という言葉を聞いて安心したい~。
この紙を持っていれば、搭乗の15分前までに、
保安検査場を通過すればいいと書いてあります。
が、そんな簡単に、すぐに、飛行機に乗れるはずがないと、
またまた、猜疑心がわいてきます。
そしてまた、安心したいが為に、ネット検索の日々が続くのです。