読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドクターの妻 必然的に専業主婦になりました

結構、地味に暮らしてます。これからの人生の楽しみ方を模索中

若い人を雇うメリットとデメリット

医療

もうすぐ、旦那のクリニックの事務員さんを募集します。
3年程働いてくれている事務員さんが、出産のため、
あと数か月で、退職されるようです。
医療事務未経験で、一から始めた方ですが、
いつも笑顔で、とても丁寧な対応ができる方です。
”辞めると思うと、今から寂しくて😢”と言ってくれるそうで、
雇っている側からすると、良い職場環境だったと言ってもらえてるようで、
嬉しく思います。
未経験で入って何もわからない人を、ちゃんと育ててくれた、
他の従業員さん達にも感謝です。

最新   医療事務のすべてがわかる本
若い女の人を雇うと、結婚や出産で、辞められてしまうリスクが高くなります。
若い女の人に限らず、医療事務未経験の方を雇うと、
一通りの仕事が出来るようになるには、半年以上、かかるようです。
仕事を早くこなせず、残業になっても、残業手当はつけなければなりません。
半年以上かかって、やっとお給料分の仕事が出来るようになったのに、
1年そこらで辞められると、たまったもんじゃない!というのが本音です。

しかし、みんながずっと辞めずに働いてくれると、どうでしょう。
給与は上がっていくので、人件費が、かさんでいくことになります。
緊張感のない、なれ合いの職場になる可能性もあります。
それに、クリニック全体(人材や建物)が高齢化してしまうと、
新しい医療を受けれるのか、不安を感じる人もいるでしょう。
新しさを感じるという点でも、従業員に若い人がいるのも
大事なことではないでしょうか。

今回、とてもいい方が、退職するので、残念でなりませんでしたが、
適度に、従業員の離職があり、若い方を迎え入れていく事も、
クリニックにとっては、有益なことかもしれません。